花音舎 hanaoto-sya 花音舎 プロフィール 作品の紹介 教室のご案内 お知らせイベント BLOG 掲載本 お問い合わせ English Life

RSN RSN English STAY DIARY FAVORITE ETC

ハンプトンコートフラワーショウ

etc etc

何年も前から、行きたかったフラワーショウ。いつも国際バラとガーデニングショウ(西部ドーム)に行っていたので、同じようなものかと思ったが違った。イギリス人は、本当に植物を育てるのが上手。大きなお庭もあるので、庭のオーナメント(素敵なベンチだったり、噴水だったり、サンルーフのお部屋だったり)が多く出展されていた。

NHKのど自慢inロンドン

etc etc

ロンドンの友達が、「7/24に生中継であるので行こう」とチケットをゲットしてくれていた。はじめ彼女の旦那様(イギリス人)も、「のど自慢」に出場する意向だったので、「是非きよしのズンドコぶしを!!」とリクエストしたが、結局断念。そんなに希望したらすぐに出られるような、甘いものではなかったようだ。予選も500組ほどいたようです。当日集まったのは99%は日本人の4000人だった。なんと言っても豪華すぎるゲストに腰がぬけた。森進一と小林幸子。凄い。友達の旦那様も「知っているよ。ビッグドレスの彼女。。。」なかなかうける表現だ。私と友達は、「ドレスじゃなくて舞台の一部。。。part  of stage。。。」と説明した。日本に居ても、そんな豪華な二人を生で見ることはなかった。
生中継中がよかったのか、旦那が同じ時間帯に同じステージを見ていたからか、幸子か、進一か、どうしてか今でも解らないが、涙が込み上げてきた。一生の思い出になった。

ユーロスターでパリへ

etc etc

クラスメイトが、パリに2年在住だったので、週末パリに行って、いろいろと案内してもらった。今まで3度ほどパリに行っているが、今回のパリは全く違った。パリに詳しい、それも手芸好きの友達と、パリの雑貨を見て回るなんて夢だった。本当に嬉しかった。料理はかなり満足した。友達は、住んでいるんだから、そりゃぁ美味しいところを知っている。夜遅くセーヌの遊覧船に乗った。いつもと違うエッフェル塔だった。

コッツウォルズ

etc etc etc etc

ロンドンの友達と、日帰りでそれも日本語ガイドつきの観光バスに乗ってコッツウォルズに行った。
長年ロンドンに住んでいる友達は、そのイギリス人ガイド ケビンの日本語が聞き取れないらしく、説明がほとんど解らないと言っていた。
「召上がり、お住まい」以外は全く敬語が出来てない状態で、外国人ガイドにありがちな、「死んでしまった」なんてダイレクトな表現満載の、かなりグーっとくるツアーだった。私的には、相当面白かった。「羊毛、紡績、封建社会、士農工商」とか日本語の熟語がでてくるけど、英語の名前は発音が良すぎてかえって日本人には、解らない。。。。たまに、ウソのジョウダンをいうけど、それが間違っていっているのか、ジョウダンなのかとても解りにくい。例えば、「今日のお客さんがどこで降りたいか、確認して一番不便なところでおります。」とか言っている。
みんなに寝てもいいって言っておきながら、たぶん「起きてください。」といいたいと思うけど。。。「おきるよー。」
歴史にはかなり詳しくて、本当はその内容を、詳しく聞きたかったけど、日本語が聞き取れないから、いまいち解らなかったことがあった。
友達は、日本語がこんなに分からないなんて。って言っていたけど、現地 外国人日本語ガイドってーものは、60%しゃべれれば上出来。ベトナムやネシアでの面白い表現を、紹介しておいた。

コッツウォルズはというと、それはそれは素敵だった。カッスルクームしか行ったことがなかったので、今回はバーフォード、ボートンオンザウォーター、ブロードウェイなど回れてよかった。次はチッピングカムデンに行きたいと思う。

オックスフォード

etc etc etc

電車を乗り継いで、オックスフォードまで行った。イギリスの電車は、日本と違って、運転手が今日病気で休んだので、この電車はキャンセルです。など平然と1本電車が走らないなんてことがある。 掲示板にしれーっとcancelledと書いているだけなんて多い。遅れるなんてざら。
私たちも、なんとかオックスフォードに着き、今度は英語のガイド(ペニーさん)に申し込み、集合時間までお昼(つまりサンドイッチ)を食べていると、なんとコッツウォルズでガイドをしてくれたケビンを目撃してしまった。私たちってーー。ケビンと縁があるーーーー。

etc etc

オックスフォードはハリーポッターの舞台となったところが多く。その日も撮影をしていた。しかしお土産ものでハリーポッターのグッズは殆どなかった。そこは日本と違うところだ。古い美しい学生の小さな町だった。

パブ

etc etc

ロンドン在住の友達とは、会社で同期だった。その頃はバブルもあって、飲み会が結構あったのかもしれない。この写真を見ていると、ちょっと違うけど、その頃のことを思い出すような。。。。

chicago

etc

日本で映画の「chicago」を観て、是非行きたいと思ったミュージカル。内容はというと、映画とほとんど一緒だった。キャサリンセダジョンズに負けないくらいの迫力だった。席がかなり舞台に近く、椅子が飛んでくるかもしれないと恐怖を感じた。

結婚式

etc etc

結婚式に偶然出会うことがありました。やっぱりサマになる。ドレスが本当に似合っている。「Four Weddings and a Funeral 」のヒューグラントみたいな事もあるんだろうか?